米国のフェイスブックで紹介されました!

先日のブログのテーマ「QA勉強会終了」を、我々の学習をサポートしてくれていたDr. マッコードにも報告しました。

すると、2015年12月26日にQA(Quintessential Applications)の公式フェイスブックに正式な記事として掲載していただきました。

日本人、しかも我々のような小規模グループの活動が、カイロプラクティックの本場アメリカの大きな組織の公式の場で紹介されるのは非常に珍しいことです。

非常に名誉なことでありますが、同時に日本人としての責任も感じます。

今後もQAの勉強を続け、過大評価と言われないよう精進していきたいと思います。

ぎっくり腰多発!

このところの寒さのせいでしょうか?最近、ぎっくり腰で来院する方が急増しています。

幸い、1~2回の施術で痛みは軽減し、数回もしないうちに回復する方がほとんどですが、

やはり「予防に勝る薬はなし」です。

よくお話を伺うと、ほとんどの方に予兆があります。その段階で治療すれば、あの辛さを味わわずに済むのですが…。

実際に痛みが激しい場合は、治療にも制限が出てきます。そのため骨盤や腰椎の本格的な矯正や刺激の強い施術は、強い痛みがなくなってから行いますので、最低でも2回以上の施術が必要になってきます。

QA勉強会終了!

画像

昨年12月、QA(Quintessential Applications)勉強会が終了しました。

4年前から日本初のQAを学ぶ場として始まり、QAの全コース(15セッション=約150時間)をついに完遂できました。

私自身、人に教えるのは今回が初めてで当初は大きな不安を抱えながらのスタートでした。

主催していただいた天津中医薬大学・客員教授でもあり石田カイロプラクティックオフィス総院長の石田先生。QA創始者のDr. シュミット、ならびにQA推進の責任者のDr. マッコードなど多くの先生方の協力により無事終了することができました。

今後、このQAというテクニックが日本でどのように広まるかは分かりません。

しかしながら、この可能性に満ちた新たなカイロプラクティック・テクニックを初めて日本に紹介できたことには、カイロプラクターとしての誇りと喜びを感じています。QA3