バイオダイナミクス・セミナー

8日間のバイオダイナミクス・セミナーから無事に戻ってきました。
今回は、トラウマのリリースと7年程前に受講したフェーズを復習しました。

自分自身ではあまり実感してはいなかったのですが、改めて復習として受講してみると、
当時は分からなかったことが理解できるようになっていたり、「継続は力なり」を時間することもしばしばでした。

9年間通い続けた大磯でしたが、会場のホテルの改修工事に伴い今年が最後になりました。
見慣れた景色もこれが最後かと思うと、少し寂しい気がします大磯2016

アタタかい人

先日の施術中に看護師のMさんから
「先生って、暖かい人ですね。」
いきなりそう言われてうれしいような、照れくさいような…。

ところが、Mさんのいう“あたたかい”は人柄の“暖かい”ではなく
手の温度のことでした。

気功などで気が通ると手が熱くなるのですが、治療をしているとさらに温度が高くなってくるように思います。
治療家としては一つの武器になっていますが、これからの季節には少し熱すぎるかもしれません。

認定証到着!

最先端のカイロプラクティック・テクニック・Quintessential Applications(通称QA)。
そのQAの認定試験・QA Prificiency Examinationに合格して約3か月。ずいぶん待たされましたが、とうとう認定証がアメリカから届きました。
認定証は世界中のアプライドキネシオロジーの最高権威であり、QA創始者でもあるDr. Walter. H. Schmittの署名入りです。

いずれ取得する人も出てくると思いますが、現時点でこれを保持しているカイロプラクターは日本中で一人だけ!
少しばかりの優越感に浸りながら、早速、額に入れて飾りました。

QAレベル1認定証
QAレベル2認定証
ほとんど同じようなものですが、上がレベル1、下がレベル2の認定証です。