音大での特別講座

報告が遅くなりましたが、10月20日(金)に桐朋学園大学で『音楽家のためのコンディショニング』と題して同校の学生を対象にした特別講座を行いました。

音符も読めない私が、音楽大学で講義をすることになるとは人生分からないものです。しかしながら、欧米では同様の試みは既に始まっています。
基本的にはスポーツ医学を音楽に応用してコンディショニングの重要性と具体的な方法を紹介し、実践編として、具体的な身体の動かし方を、楽器を持つ以前の「立つ、座る、呼吸」を解剖学と関連させながら体感していただきました。

第一期生に世界的な指揮者・小澤征爾氏を輩出している名門校での初講義に少々緊張しながら臨みましたが、学生と先生もアットホームでとても楽しく講義することができました。
主催していただいた先生から、後日、「学生の中に新たな気づきや視点が生まれた」との報告を聞き嬉しく思います。

音楽家もスポーツ選手と同様にオーバートレーニングによる障害が多い職業です。これを機に将来の障害予防や自身のパフォーマンス向上につなげていただけたら本望です。

余談ですが、持参した等身大の骨格模型が女子大生にモテモテでした。

高円宮杯’17

11月5日の日曜日、高円宮杯・関東大会2回戦に帯同するため山梨県南アルプス市まで行ってきました。

対戦相手は鹿島アントラーズノルテ。
試合は押し気味に進めるも決定機を2度外し、相手ゴーキーパーの好守で無得点。
延長戦も覚悟した後半34分、中盤でのボールロストからミスが続き痛恨の失点。

この敗戦で現3年生の公式戦は終了しました。
さすがに悔しそうでしたが、試合に臨む態度に甘さが感じられたのも事実です。
ぜひ、この経験を上の世界で生かして素晴らしい選手になって欲しいと思います。

久々の東大

10月28日の土曜日、統合医療認定資格更新セミナーで久々に東京大学に行ってきました。
会場はいつもの医学部教育研究棟。

今回も総論ということで、統合医療の原則に沿った、
その患者さんにとって最良の選択をするための考え方や伝え方を学びました。

また統合医療を実践している医師の先生方から具体的な運営方法の発表や臨床報告を聞き、
その可能性も再認識することができました。

日本の医療財政破綻を変えるためにも有効で真っ当な方法だとは思いますが、
現状の医学界を見ると、あまりにも少数派で極めて困難な茨の道と思わざるを得ません。

写真は東大赤門です。

関東リーグ終了

昨日10月15日は、関東リーグの最終戦。VSクマガヤSCとのアウェイ戦のため深谷まで行ってきました。

事故渋滞で到着が遅れウォーミングアップが不十分かと懸念していましたが、雨天の中でも気持ちの入った試合をしていました。しかし、終了間際に失点し2-3で敗戦。

今季は、いい試合をしたが決めきれずに引き分けや不注意なミスで失点しての負け、というパターンが多かった気がします。要所を決めきれないと結果が出ないというのは、ある意味治療と同じように思えます。
最終成績は12チーム中の8位で終了。

これから大事な高円杯の関東大会が始まります。
できるだけ帯同したいところですが、今年は週末にセミナー続きで、患者さんにご協力いただきながら日程調整しているところです。皆様方のお陰でサポート活動が続けられています。院外活動にご理解いただき、ありがとうございます!

残留決定!

全国大会以来の久しぶりにワセダクラブForza02の試合に帯同しました。

今期の関東リーグもいよいよ終盤。昨日(9月24日)は、ホーム最終戦で三菱養和調布を迎え撃ちました。

試合は前半、一方的に押しまくるも決定機を決めきれず、得点は1点のみ。
結局、これが決勝点になり1-0の勝利!
この勝利で今期の関東リーグ(2部)残留が決定しました。

今期は前半で躓き、今一つ調子に乗れない中、最低限のノルマを果たしホッと一息といったところですが、
これから最大の目標でもある高円杯に向けての戦いが待っています。


写真は試合後の練習の様子です。

日本クラブユースサッカー選手権大会2

トレーナーとして帯同した全国大会ですが、ワセダクラブForza’02は、グループリーグは1位で突破したものの、決勝トーナメント1回戦で浦和レッズと対戦し、0-1で敗れ大会を終了しました。

残念な結果ではありますが、選手たちはこの大舞台を経験したことでサッカー選手として一回り大きく成長してくれることと思います。

また私自身も、このような晴れ舞台にスタッフの一員として関われ、貴重な経験を積むことができました。

選手およびチーム関係者、また保護者の皆様に感謝いたします。
どうもありがとうございました。

全国大会1

8月15日から北海道・帯広にて日本クラブユースサッカー選手権大会が開催されています。
私がトレーナーを務めるワセダクラブForza’02は、2年ぶり6回目の出場となりました。
今回は一次リーグのみでしたが、初めて全国大会に帯同しました。

初戦は徳島ヴォルティス(四国地区代表)に1-2の逆転負けで黒星スタートでしたが、2戦目は清水エスパルス静岡(東海)に5-0の完勝。3戦目はグループリーグ突破をかけたUKI-C FC(九州)戦でしたが、4-1の快勝でForza初のグループリーグ1位での突破を決めました。

1日の休養日を挟み決勝トーナメント1回戦の相手は、関東大会の再現となる浦和レッズ。
選手たちの健闘を願っています。

全国大会出場決定!

6月中旬から始まったクラブユース選手権の関東大会。
私もトレーナーとして帯同していましたが、6月24日にヴァンフォーレ甲府にPK戦の末勝利するも、翌日の坂戸ディプロマッツFCにPK負け。

そして7月2日に全国大会出場権をかけて浦和レッズとの敗者復活戦に臨みました。この試合も延長戦でも決着がつかず、3戦連続のPK戦へ突入。今回は4-3で勝利し全国大会出場が決定しました。
選手諸君おめでとう!

バイオダイナミクス・セミナー2017

6月29日~7月2日にかけて、伊豆の山中でバイオダイナミクス・セミナーを受講してきました。

バイオダイナミクスはフェーズ1から9まで段階を追って学ぶのですが、一昨年に一通り終了し、
昨年からは復習のため再受講しています。

今回も自然に囲まれた中、昔からの顔なじみの受講生と楽しく勉強できました。
心身共にリセットできたので、今日からの臨床に還元していきたいと思います。

2017関東大会開幕!

今年も全国クラブユース選手権の予選でもある関東大会が始まりました。
関東大会は、各都道府県の予選を勝ち抜いてきたチームと、関東リーグ所属のチームによって競われます。

昨日(6月18日)の1回戦では、コンフィアール町田と対戦し5-0の勝利を収めました。
スコア的には上出来ですが、これからの厳しい戦いを考えると課題はたくさんあります。
私もコンディショニング方面のサポートをしていきたいと思います。

というわけで今週末24日(土)も大会帯同のため日中不在になりますが、どうぞご了承ください。