高円宮杯2016

昨日(11月6日)高円宮杯・関東大会を戦うワセダクラブForza02に帯同して、横須賀まで行ってきました。

2回戦の相手は湘南ベルマーレ。
試合開始から気持ちの入ったプレーで試合を進め前半29分に先制ゴール。
しかし、後半に同点、38分に逆転されてしまいました。残り時間、追いつくために必死の反撃を試みましたがタイムアップ。
3年生はU-15の大会を終えました。

試合終了後に監督・コーチが
「君たちのサッカー人生はこれからだ。この悔しさを胸に高校で全国優勝目指してがんばれ!」
と最後の檄を飛ばしていました。
その言葉通り、これから必死の努力でサッカー選手としての未来を切り開いていってほしいと願っています。

また帰り際に応援に来ていた父兄の方々から
「最後にいいものを見せてもらいました」
と言っていただいたことも印象的でした。
forza16

QAカイロ実技試験

先週15日にQuintessential Applications(QA)テクニックの実技試験のため神戸に行ってきました。
今回の試験は、QAの統括責任者であるDr. McCordの依頼によりスカイプを使った試験となりました。私は現場での試験管理官として、細かい部分のチェックを求められました。

試験問題で何が出されるかわからないため、受験生のために前日に訪れ全ての筋力テストとQAの主要なテクニックの治療手順の復習を深夜1時まで行いました。

そして試験当日。努力の甲斐あって無事に合格者が誕生しました。
スカイプを使った実技試験は、米国でも例がないらしく、もしかしたら世界初の試みだったかもしれません。
いずれにしろ、無事に終わり一安心です。
qa%e5%ae%9f%e6%8a%80%e8%a9%a6%e9%a8%93

スポーツカイロ修了証到着

国際スポーツカイロプラクティック連盟(FICS)のICCSPコースの修了証がようやく到着しました。

このICCSPコースは、国際レベルのアスリートに対するカイロプラクティック・ケアを学ぶためのプログラムで
10年来の念願が叶っての受講でしたが、最後は政治的な動き?に振り回され後味の悪いものになってしまいました。

とはいえ、内容的には学びごたえがあり、
オリンピックで活躍したり世界的なスーパースターを治療していた超一流のスポーツカイロプラクター達から
直接学べたことは、スポーツに関わるカイロプラクターとしては得難い経験と財産になっています。
ICCSP修了証

久々のリーグ戦帯同

日本クラブユースサッカー選手権の関東大会以来、久々にサッカーチーム・ワセダクラブForza02の試合に帯同しました。
昨日は、関東リーグ(2部)の後期戦の始まり。ホームである早稲田大学の東伏見グラウンドは、ピッチの人工芝を全面張り替えてとても気持ちのいい状態です。
ゴールデンウイーク前には首位に立っていたForzaですが、このところ勝ち運にすっかり見放され、昨日もクマガヤSCに0-2で敗れてしまいました。
もちろん改善すべきところはいろいろありますが、力の差は大差なく気持一つで結果も変わる可能性大です。これって治療も同じかも…。
いずれにしろ、気持ちを入れ替えて次の戦いに挑んでほしいものです。
クマガヤ戦

本のプレゼント企画・第2弾

院長の早稲田大学時代からの友人・藤由達藏氏が新刊本を出版しました。
今度のタイトルは『結局、1%に集中できる人がすべてを変えられる』。

前著『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』は、28万部を超えるベストセラーになっており今ではビジネス書のコーナーで平積みになっていることも珍しくありません。学生時代、ほぼ毎日のように飲み歩いていた友人の成功は、我がことのようにうれしく誇らしくもあります。

そこで1年前にも当院で行った前著のプレゼント企画に続き、第2弾。
今回は、新作『結局、「1%に集中できる人」がすべてを変えられる』のサイン入り本を10冊プレゼント。
今作では、なんと“むすび”に院長の名前も出していただいています。
早い者勝ちです。
本 集中1

初めてのフットサル観戦

山の日の昨日、ご縁をいただいた田村佳翔選手の応援で初めてのフットサル観戦に行ってきました。
田村選手は、現在Fリーグ(サッカーのJリーグに相当)の首位を走る“フーガドールすみだ”に所属。
この日はバルドラール浦安との試合でした。

前半5分に先制される苦しい展開でしたが、後半の28分、田村選手のヘディングで遂に同点!
そして終了まで残り8秒で決勝ゴールが決まり“フーガドール”の劇的な逆転勝ち!!!
とても見ごたえのある面白い試合でした。

田村選手、チケットの手配ありがとうございました。
そして貴重な同点ゴールおめでとうございます!ますますのご活躍を期待しています。
フットサル観戦1

百段階段

久々に何もない先週の日曜日。家族で目黒雅叙園の百段階段に行っていきました。

今回の企画は『和のあかり』。
「青森ねぶた祭」や「秋田の竿燈まつり」、「平成 百鬼夜行立体絵巻」など
見ごたえのある作品を楽しんできました。
百段階段・ねぶた3

患者様から喜びの声をいただきました③

練馬区春日町から通っていただいているH様から、喜びの声をいただきました。

H様が股関節の痛みで足を引きずりながら初めて来院されたのが4月23日。
時間はあまりなかったのですが、ゴールデンウィークに予定していた海外でのトレッキングを無事に楽しんでこられたそうです。

ニュージーランドの大自然を背景にしたお写真もいただきました。

股関節が痛みだし我慢ができなくなってきた頃にインターネットで原口先生にたどり着きました。
症状を細かく丁寧に聞いて対応してくださいました。
おかげ様で、予定していたトレッキングも存分に楽しむことができました!
ありがとうございました。
THさんNZ写真

バイオダイナミクス・セミナー

8日間のバイオダイナミクス・セミナーから無事に戻ってきました。
今回は、トラウマのリリースと7年程前に受講したフェーズを復習しました。

自分自身ではあまり実感してはいなかったのですが、改めて復習として受講してみると、
当時は分からなかったことが理解できるようになっていたり、「継続は力なり」を時間することもしばしばでした。

9年間通い続けた大磯でしたが、会場のホテルの改修工事に伴い今年が最後になりました。
見慣れた景色もこれが最後かと思うと、少し寂しい気がします大磯2016

アタタかい人

先日の施術中に看護師のMさんから
「先生って、暖かい人ですね。」
いきなりそう言われてうれしいような、照れくさいような…。

ところが、Mさんのいう“あたたかい”は人柄の“暖かい”ではなく
手の温度のことでした。

気功などで気が通ると手が熱くなるのですが、治療をしているとさらに温度が高くなってくるように思います。
治療家としては一つの武器になっていますが、これからの季節には少し熱すぎるかもしれません。